JICHOUJIAI

「ゆらぎ世代」を「自重自愛」で乗り切る40代主婦のブログ

誰にも聞かれたことがないけれど座右の銘は津田恒実投手の言葉

f:id:ruilog2732:20170523093834j:plain

お題「あなたの座右の銘を教えてください。」

座右の銘は何ですか?モットーはなんですか?と聞かれたことは一度もありません。でも日々生活する中で迷ったり、悩んだり、決断したりする時にふと思い出す言葉はあります。自分の軸になっている言葉。

テレビ・本・記事などで有名な人の座右の銘を知ると、その言葉そのものの人っていますよね。最近一番そう思ったのは、女優 石田ゆり子さんがインスタグラムで紹介していた座右の銘「淀まず止まらず」

アラフィフ世代の星!昔を引きづってる感や無理してる感がないエイジレスな女優さんですよね。淀みなく今を生きてるし、前へ前へ進んでる。そうじゃないとアラフィフ世代であの透明感はでないと思うんですよ。憧れます。

その言葉そのものの人になれてる自信はまったくないけれど、私の座右の銘をご紹介します。

 

座右の銘

弱気は最大の敵

津田恒実 元広島東洋カープ投手

 

1993年に32歳の若さで亡くなった広島東洋カープの投手。1981年のドラフト1 位で入団して新人王にも輝きました。

私は名古屋生まれで家族も周りも中日ドラゴンズファン。祖父が「広島戦をナゴヤ球場で応援するなら津田が投げる時行きたい」と言っていたのを思い出します。

ドラゴンズファンの祖父でも津田投手に魅力を感じていたんでしょうね。

津田恒実投手は、プロ入り前から剛球投手として有名だったけど自他ともに認めるメンタルの弱さがあって高校時代の監督から「精神安定剤」と言って「小麦粉」を渡されていたこともあったそうです。

だから座右の銘「弱気は最大の敵」と書いたボールを持ち歩き、試合前はボールに向かって気合を入れていたんですね。

matome.naver.jp

私は津田恒実投手が亡くなったと知った時とても悲しかったです。その後追悼番組で知ったのが「弱気は最大の敵」の座右の銘。

弱気になる自分と戦いながらストレートで押す強気のピッチングをしていたんだと思うとたまらない気持ちになったんですよ。

私はそれ以来、迷ったり悩んだりした時に一番最初に思い出す言葉が「弱気は最大の敵」になりました。

 

 

弱気は最大の敵

弱気の反対は強気。気持ちを強く持っていれば前向きでいられるし、可能性も広がる。でも強気の意味をはき違えないようにしないといけないと思うんですよね。

何かと圧が強くとりあえず人に意味不明な威嚇から入る人や、一見言葉や態度は柔らかいけれど端々に負けん気を漂わせる人。こういうのを私は強気とは思わないんですよ。

そんな人に会うと「ハイハイ・・・勝とうと思ってないんでほっといてくれ」と思ってます。

人に対してじゃなく、弱気になる自分と戦っていくしかないと思えるようになったのは40代に入ってから。若いころから思えてたらよかったのにと思います。

何かを始めるとき、上手くできるかな? 失敗したらどうしよう? 今更あえてやる必要ある?いろいろ考えるとなかなか動き出せない。自分がやりたいことなのに動けないと弱気な自分にガッカリしてしまうんですよね。

そんな時にいつも「弱気は最大の敵」という言葉と、津田恒実投手が投げていた姿を思い出します。

 

さいごに

座右の銘があるとそれに基づいた判断や行動ができるようになるのだと思います。私はまだまだですが・・・・。

私は一度も聞かれたことがないけれど、周りの人に座右の銘を聞いてみたくなりました。その人の軸となってる言葉を。急にそんなこと聞いたら驚かれてしまいそうだけど知りたいです。

スポンサーリンク