JICHOUJIAI

「ゆらぎ世代」を「自重自愛」で乗り切る40代主婦のブログ

アテニア「BBクリーム」時短・潤い・カバー力・崩れにくさで愛用中

AttenirBB

パウダリー・リキットなどいろいろなタイプのファンデーションを使用してきましたが、ここ数年は「BBクリーム」を使うようになりました。

「BBクリーム」とは、1本で日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラの役割をはたすオールインワンのクリーム。商品によっては、美容液・乳液機能まであります。

メイク時間の短縮にもなり、個別にいろいろ用意する必要がなく経済的。リキッドファンデーションのような機能も備えているので、しっかりメイクした仕上がりにも。愛用するようになった理由は、なにより時間短縮になるし、しっかりメイクをした感じにもなるので便利なんですよね。

「BBクリーム」といってもいろんな種類があります。つけた時から顔色がグレーぽくなるもの・昼にはきたない崩れ方をするもの・つけてて乾燥がひどいもの・痒みや赤みがでるものもあり最後まで使い切れず失敗したのも1度や2度ではありません。

いろんなBBクリームを使ってみて現在は「アテニア」を愛用中。潤い・カバー力・崩れにくさが気に入って現在2本目をリピート中です。

アテニア「BBクリーム」

SPF30・PA+++
無香料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、アレルギーテスト済み・ノンコメド処方(ニキビのできにくい処方)

※すべての方にアレルギー、コメドが起きないわけではありません。
※紫外線吸収剤不使用

引用元:アテニアオンラインショップ

少量でもとにかくのびがいい!スキンケアクリームのように素肌に馴染み潤いがあります。カバー力はあるのに、軽くてふわっとした快適な付け心地です。 

私が最初アテニア「BBクリーム」を使ってみようかな?と思ったのは、「隠しピンク設計」に興味をもったから。一般的にBBクリームはカラーバリエーションが少なく、商品によってはグレーがかった色味で顔色がくすんで見えることがあると経験済み。

つけたて違和感を感じても時間がたったらなじむかな?と思いきや、そのままなこともありました。だから「隠しピンク設計」で血色がよく見えるに一番惹かれたんですよね。

こちらのBBクリームは、パウダーファンデーションの下地としても使えます。

 

色展開

  • ライト 色白の方・ワントーン明るく仕上げたい時
  • ナチュラル 普通・健康的な肌色の方

私は「ライト」を使用しています。首の色と比べて顔だけ明るい仕上がりは嫌いなのでナチュラルと悩みましたが、口コミを参考に「ライト」にして正解でした。

ちなみに私のファンデーションカラーは資生堂(ベージュオークル10)・コーセー(BO310)・MAC(NC25)です。

 

使用方法

推奨されているのは、「化粧水」→「乳液」→「BBクリーム(パール粒大)」の順です。私は朝 とろみのある化粧水か、濃密タイプのシートマスクを使っているので、乳液などつけることなく化粧水の後「BBクリーム」をぬっています。

つけた感じサラサラなので、乾燥肌だと思われる方は推奨されているとおり化粧水の後、保湿をした方がいいかもしれません。

私は「BBクリーム」のあと仕上げ用パウダーをその上から。パウダーをかさねることで、皮脂を吸収しテカリを抑えてくれます。さらにカバー効果が欲しい時は、「プレストパウダー」ではなく「パウダーファンデーション」を重ねる時もあります。

仕上がり

サラサラの仕上がりで、肌が軽いです。肌色も自然な感じで明るくなり艶もでるけど、油っぽい艶とかではなく私は好きです。

乾燥とかは気にならず潤いがあるので、メイク崩れしないかと最初心配していたんですよ。特に鼻のあたり・・・。昼、夜確認してもきたない崩れ方はしてなかったです。

そして一番興味のあった「隠しピンク設計」くすみを感じないのは最初だけではなく、夕方もくすんだ感じがしないのが嬉しかったです。 

「1本6役」アテニアのBBクリーム

  

さいごに

「隠しピンク設計」でくすみを感じさせないアテニア「BBクリーム」は、カラーバリエーションが少ない「BBクリーム」の色選びに失敗したり迷ってる方にもおすすめです。

スポンサーリンク